看護師辞めたい。
私は、看護師を辞めたい。

看護師辞めたい。でもその前に。

看護師辞めたいと思った時に知っておくべき3つのこと。

看護師辞めたい解決策を徹底調査。看護師を辞めたい理由、看護師を辞めたいと言えない悩み、看護師の結婚や育児の課題、看護師の転職情報などの処方箋です。

それでも、看護師辞めたい。

それでも看護師辞めたいあなたへの処方箋です。

そもそも自分に看護師の適性はある?

そもそも自分に看護師の適性はある?

そもそも自分に看護師の適性はある?

どうしても看護師という仕事が合わないこともあるかも……

私も看護師時代には何度も、
「もっとてきぱき動いてくれる?」
「本当に真面目に働く気あるの?」

と怒られてきました。

意地悪な上司に、
「看護師に向いてないんじゃない?」
と言われたこともあります。

厳しいことを言われる度に、家で泣きながら
看護師は辞めよう!
私はこの仕事に向いてないんだ!
と考えていました。

机で勉強することは好きなのですが、実務だとうまくいかず、その上コミュニケーションも苦手で……。

看護師の3Kを見つめ直そう

看護師の仕事は「3K」と言われています。

きつい:命を預かることの責任、夜勤による体力的な負担、突然のナースコールに対応しなければならない
汚い:排泄物や嘔吐物を処理しなければならない
危険:ウイルスなどの感染リスクもついてまわる

すべての看護師が常にこれらの課題と向かい合ってるわけではありませんが、きつい、汚い、危険のどれかひとつには直面してるのではないでしょうか。
どれか1つでも許容できないものがあれば、性格や能力というよりも看護師の適性はないと言えます。

看護師を辞めるか、転職か、続けるか

それでも看護師を続けますか?辞めますか?違う病院に転職しますか?

私の場合は、3Kくらいなら耐えられると思いました。
看護師に就く前から分かっていたことですし、慣れればなんとでもなります。

しかし悩んだのは、実務能力やコミュ力の低さからくる人間関係のトラブル。
それでも、どうしても「看護師を続けたい」ということは諦め切れませんでした。

リアルな話になってしまいますが、その理由を正直に言うと、

他の職業よりも収入が圧倒的にいい

これが看護師を続けようと思った理由。
世代でも違いますが、看護師の仕事は他の職業より年収が100万円以上高いと言われています。

お金は生きてくうえで絶対必要ですもんね。
そしてもう一つの理由が、

人の役に立つ仕事がしたい

ということ。
きれいごとでなく、本当にそう思います。
患者さんが回復してくれたら、やっぱりうれしいですしね。

ではどうするかといったとき、

看護師として転職する

という道を選びました。
その時の職場は絶望的なほど取り残されていたので、新しい職場で再スタートしたかったのです。

しかし、同じ失敗はできません。

そこで私は、看護師としてうまく転職する方法をとにかく調べました。

・看護学校時代の友人に相談
・TwitterやFacebookの意見を参考にする
・複数のコンサルタントに相談

そして、私なりに看護師の転職で失敗を減らす方法をまとめました。

看護師の転職が失敗してしまう3つの理由

看護師の転職が失敗してしまう3つの理由
看護師として転職するなら、おさえておきたいポイントがあります。

離職率の高い看護師業界には、そうなってしまう3つの理由があります。

1. ヴィジョンが不明瞭

看護師の職場には、たくさんの選択肢があります。
施設の種類だけ見ても、

・大学病院
・総合病院
・地域密着型病院
・老人病院
・クリニック
・一般企業(産業看護師)
・訪問看護ステーション

細かく挙げればもっとありますし、部署(診療科)の種類も豊富。

だからこそ

・どんな施設で
・どんな診療科で
・どういう風に働きたいのか

を決めましょう。

もちろん、勤務形態や勤務時間も含めて考えます。

「なんとなく現状がつらいから」

という理由で転職すると、失敗する可能性が高くなります。

すぐに決めるのは難しいでしょうから、

・職場の友人に相談
・コンサルタントに相談

このように、とにかく話してみましょう。
一人で考えていると考えがまとまらないことでも、

立場を理解してくれる人に打ち明ければ、少しずつ整理されてきます。

2. 給料だけ見て待遇をおざなりにしている

私は「看護師の給料が良い」というポイントを魅力だと思っているため、給料は大事に考えていますが、待遇もしっかり見ましょう。

・休日
・福利厚生
・各種手当

これらをチェックしておかないと、後から

「え?こんな環境なの!?」

と後悔してしまいかねないので、気を付けましょう。

3. 転職コンサルタントに条件を伝えていない

現在は

・ハローワーク(国)
・eナースセンター(日本看護協会)

を利用してる人は少なくなってきたでしょう。

というのも、上記では、

・いい条件の求人が少ない
・親身になってくれない

という難点があります。
私も事務的な対応をされてショックを受けました。

特別な理由がない限りは、看護師に特化した転職サービスを利用しましょう。

コツとしては

・きちんと条件を伝えた上で求人の相談をする
・譲れない部分は諦めない

これらを徹底することです。

最初は遠慮がちになると思いますが、今後のあなたの仕事がかかっているため、どんどん攻めましょう。

担当と合わなければチェンジもありです。
無料で利用できるので、複数の転職サイトを同時に利用するのもいいでしょう。

では、改めて3点をまとめましょう。

・ヴィジョンを明らかにする
・給料とあわせて待遇も確認する
・転職コンサルタントに条件を伝え、相談する

これで転職後に「うまくいかない」となることを避けられます。

次に、転職サイトのメリットについて触れていきます。

看護師転職サイトを活用した方が良い5つの理由

転職サイトを活用した方が良い5つの理由

転職サイトを活用した方が良い5つの理由

何故、転職サイトを活用することがいいのでしょうか。
ハローワークを利用したり、個人的に探したりするよりもお得な理由はこの通りです。

・一人では自分に合う転職先を探せない
・非公開求人を知れる
・内情を知れる
・忙しくても転職活動ができる
・転職会社も適当な紹介はできない

一人では自分に合う転職先を探せない

一人よりもプロのサポートを受けたほうが確実!

自分で求人を探すのは悪いことではありませんが、スムーズに進みにくいのが難点です。
病院側は、求めている人材に応募してきて欲しいと願っています。

・スキル
・人柄
・勤務形態
・キャリアプラン

これらの条件を、転職先とあなたとでマッチングさせなければお互い不利益になります。

そこで看護師業界に特化した転職エージェントが、職場の求める人材とあなたの要望もすり合わせながら、マッチングさせてくれます。

あなた一人だけで転職活動をするときには、無数にある看護求人から、最適な環境を見つなければならず非常に困難です。

非公開求人を知れる

非公開求人はマッチング率を高めてくれる!

転職会社は、非公開求人を70~80%ほど持っています。

公開されない理由はさまざまありますが、応募が殺到した場合には履歴書の確認や面接が手間になってしまうことが挙げられます。

つまり、企業や病院側が「私たちが求めている求職者だけを紹介してください」と転職会社側に伝え、非公開にしてるのです。

そのため非公開求人は、転職サイトに登録して要望を伝えてから、はじめて提案されるのです。

内情について詳しく知れる

給料・待遇・働き方などの条件が合う職場に就職して、合わなかったらどうしよう

実際に就職して「雰囲気が合わない」というのは困りものですよね。

転職会社のコンサルタントは、職歴やスキルはもちろんのこと、職場の雰囲気も考慮して紹介してくれます。

「職場についてさらに詳しく知りたい」と思ったら、担当にどんどん質問してみましょう。

忙しくても転職活動ができる

仕事中は忙しいけど、転職活動もしたい。そんな要望を押さえて、私に合う仕事を教えてほしい!

働きながら転職活動をすることは、なかなか大変なものですよね。
気持ちばかりが焦って変な職場に決めても意味がありません。

転職サイトに要望を伝えておけば、あなたに合った仕事が提案され、必死に探したり泡只悪しく準備したりする必要はありません。

転職会社も適当な紹介はできない

転職会社をから変な仕事を紹介されない?ちゃんと私に合う求人だけを紹介してくれるの?

上記の転職会社は、完全無料で利用可能です。
これは、転職会社が転職後の病院側から紹介料をもらっているからす。
だからといって、一人ひとりの要望を無視して強引に紹介することはありません。

病院から転職会社へ支払われる紹介料には、決まりがあります。
合わない転職先を教え、すぐに辞められれば紹介料がもらえなくなり、転職サービスが成立しなくなるためです。

そのため転職エージェントは、あなたの希望を踏まえてマッチングをしてくれるのです。

私がおすすめする看護師転職サイト

総合的なサポートが充実
求人数が豊富
老舗経営の職場に強い
内情把握をしたいときにうれしい
じっくり転職できる(北海道・兵庫・岡山・広島・福岡)
バイトや派遣、単発仕事をしたい

この中から1~3社ほど登録し、サービスごとの強みや、担当との相性を探ってみることがおすすめです。

それでもなかなか決められない、
特にこだわりがないというのであれば、総合評価の高いこちらに無料登録しておくのが良いでしょう。

看護師をやめたいと感じる理由は人によって違い、もちろんぴったりな対処法も違います。

まずはやめたい理由を明確にして、看護師をやめる以外には選択肢がないか考えましょう。

このホームページがあなたを「看護師をやめたい」という悩みを解決へと導くことができたら嬉しいです。

via 看護師辞めたい思いを解決。お薦めの看護師転職サイト

看護師辞めたいあなたの為の看護師転職サイト。

看護師辞めたいあなたの為の看護師転職サイトです。