看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

ベテラン看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

ベテラン看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

ベテラン看護師でも辞めたいと感じてしまう原因

ベテランの看護師は、日々こなさなければいけない仕事に注力し、職場のトラブルにも適応する現場の核のような存在。新人看護師や後輩たちにとって、厳しいところもありながらやはり頼りになる、そして「自分もあの人と同じように看護師として成長したい」とお手本となる存在です。一つの職場で10年、15年と働いている看護師は、主任をはじめとした役職につき、キャリア面でも恵まているでしょう。

ところが、ベテランの看護師であっても「仕事を辞めたい」と悩むことがあります。経験豊富で順風満帆に思える看護師でも、ベテランにはベテランなりの苦悩がついてまわります。

原因の一つが、体力の衰え。看護師の仕事は、体力面でもマインド面でも負担が少なくありません。経験を積む中で、少しずつ負担を和らげる方法が身につきますし、若手看護師と比較すれば体力が必要な仕事も少なくなっていきます。そうは言っても、年齢を重ねていくとどんな仕事でも厳しくなっていくもの。その上役職についた場合には現場全体のあらゆる責任を負わなければならず、後輩の教育や人間関係の調整のように負担の大きな役割も求められます。後輩の看護師から職場への不満や要望を打ち明けられ、心苦しい思いをすることもあるでしょう。信頼を積み重ねる中で任されるようになった役割が、年齢を重ねてからはよりつらく感じられるかもしれません。

看護師という仕事を辞めるのではなく、より負担の少ない立場として働きたいと考える看護師もいるでしょう。責任が大きすぎない立場であれば、培ってきたキャリアを活かしながら、自分の仕事だけに専念して看護師ならではの仕事のやりがいも感じられます。ベテラン看護師の悩みは、職場への不満が溜まっているケースとは違い、複雑です。

プライベートと仕事の両立が難しい

ベテラン看護師が辞めたいと考える理由には、育児や家庭との両立が難しいことも挙げられます。30代~40代の看護師は、子育て中の人も少なくありません。そのため、仕事とプライベートの割合に悩みやすくなります。幼い子どもがいるのなら、もっと大事にしてあげたいと思うでしょうし、子どもが大きくなってからはPTAや学校行事に参加しなければならない、思春期や難しい時期は子どもと向き合う時間を作りたいというように、さまざまな問題を抱えるようになります。20代の看護師であれば、家庭を優先するために看護師を辞めるという強気な選択肢もあるでしょう。しかし、キャリアを積んできた看護師はそれを手放すことができず、プライベートと仕事を両立しやすい職場への転職も視野に入ります。

職場でジェネレーションギャップを感じる

さらに、ベテラン看護師のモチベーションが下がる原因に挙げられるのが、後輩看護師とのジェネレーションギャップです。看護師の仕事は総じて離職率が高く、若い看護師の入れ替わりも頻繁です。そのため、一つの職場で働き続けていると、後輩看護師とのジェネレーションギャップが生まれやすくなります。話が噛み合わなければコミュニケーションも取りづらく、価値観の違いを実感する機会も増えていきます。後輩看護師は、自分にとって理解できないことが原因で職場に不満を覚えたり、退職を決意したりすることもあるでしょう。ベテラン看護師からすれば「私が新人のときは我慢していたのに」と感じるシーンもあるでしょう。病院側からは後輩看護師の教育役を求められますが、どのように対応すべきか悩んでしまうこともめずらしくありません。後輩看護師との意思疎通ができない状態で、病院からは教育や現場の管理ができていないことを注意され、板ばさみ状態になることもあるでしょう。

希望の条件に合う職場もあるはず

現在の職場に不満があるベテラン看護師は、転職も検討しましょう。ベテラン看護師の需要は高く、条件に適した職場も多いため選択肢にも恵まれています。日勤のみで夜勤の負担がない職場、子育てを支援する制度が充実した職場というように、一昔前にはほとんどなかった条件のいい求人も、現在は少なくありません。

転職市場の変化

現在、看護師の市場そのものが変わっています。人手が足りていないという問題を解消すべく、病院側が人材確保のためにさまざまな工夫をしているのです。その中でも、経験を積んだベテラン看護師は、幅広い現場で歓迎されるはず。さらに、転職市場の変化として病院以外の需要も増えてきています。看護師が病院で働く上で仕方なく飲み込んでいた不満や問題から、解放された職場へ転職するのもいいでしょう。保育園や産業看護師のように、家庭と仕事の両立がしやすい職場も転職先の候補となります。積み重ねたキャリアや経験を武器に、さらに働きやすく条件のいい職場を探してみてください。その際には転職エージェントを使って、キャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を行うことで、働きながら効率よく次の職場を見つけられるでしょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧