看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

奨学金返済中に看護師を辞めたいと感じたときすべきこと

奨学金返済中に看護師を辞めたいと感じたときすべきこと

看護師業界でよく耳にする「お礼奉公」

「お礼奉公」という言葉を耳にしたことがありませんか?世間的には使われるシーンが少なくなりましたが、看護師の世界では現在も大切な言葉として使われ、看護師のキャリア形成にも影響を与えます。

お礼奉公とは、その言葉の通り「お礼のために働く」ことを指す言葉です。そもそも、看護師になるには看護にまつわる専門学校や大学へ行き、資格を取得しなければなりません。もちろん学費がかかり、その金額は年間数十万円以上、100万円を超える場合もあります。大きな金額が必要になりますが、働きながら看護師を目指すことは現実的ではありません。勉強だけでなく、実習も必要なため忙しさのあまりアルバイトもままならないことが多いもの。看護師になりたくとも経済的な理由によって困難な場合には、奨学金制度を活用することが一般的です。

看護学校の多くは、奨学金制度を用意しています。そして、奨学金制度の利用にあたっては複数の条件をクリアしなければいけません。例えば、無事資格が取れたあと、定められた期間は特定の病院で勤務しなければいけないという条件です。総合病院のように、大きな病院が経営する看護学校の場合は、人材を確保しなければならないためこのような制度を用意しています。奨学金を用意する代わりに、新しい看護師を病院の戦力にくわえることができるのです。

このような条件の奨学金制度は、決められた病院できちんと働いていれば返済する必要がない、もしくは定められた期間以上働ければ返済免除となるケースが少なくありません。そして、奨学金返済のために働いている期間を「お礼奉公」というのです。

そのため職場に不満が生まれても、お礼奉公をしているあいだは仕事を辞めることができません。もちろん、衝動的に辞めることも不可能ではありませんが、その分奨学金の返済が必要になります。退職した場合にはどうしても経済的に厳しくなり、さらに奨学金の返済もしなければならないとあれば、大きな足かせとなるでしょう。

お礼奉公の期間は、病院ごとに違います。一般的には3~5年ほどに定められ、一人前の看護師として勤められるまで働かなければなりません。

お礼奉公をしなければならないけれど辞めたいときには

奨学金制度を使うと、働き始めてから退職や転職の時期が縛られてしまいます。しかし、お礼奉公中だからといって必ず我慢して働き続けなければならないわけではありません。どうしても職場の環境が合わない、聞いていた労働環境と異なることもあるでしょう。病院も、奨学金制度を利用した看護師の場合はそう簡単に辞めないだろう、働きにくい診療科や部門へ配置する場合もあります。さらに、人間関係のトラブルであればどうにもならないこともあり、どうにか耐えなければと考えていると、心身ともにボロボロになってしまうこともあります。

看護師は、一年目がもっとも厳しい時期と言われています。覚えなければならない仕事が多く、思うように働けずミスも増えれば、上司から注意されたり患者さんから直接怒られたりと落ち込んでしまうシーンも増えます。どうにか1年目を乗り越えられても、3~5年目ほどの時期にまた辞めたくなる時期がくると言います。その時期には一人前の看護師としての責任を求められたり、教育係のプリセプターとして後輩看護師を教育しなければならなかったりと、大変な役割を負かされるようになります。お礼奉公は、看護師が辞めたいと感じやすい時期に退職しないように制限する役割も果たしています。

立替一括返済ができる病院への転職もあり

どうしてもお礼奉公をしている最中に辞めたくなってしまったのであれば、奨学金の立替一括返済制度がある病院に転職することがおすすめです。この制度は、お礼奉公をしている最中に看護師が転職したとき、以前の職場に支払わなければならない奨学金を立て替えて返済してくれるという制度です。もちろん、無償ではありませんので、立て替えてもらった分の金額はその後の給料から天引きされ、少しずつ返済する必要があります。

お礼奉公をしている身で退職するとき、まとまった金額を用意する必要があることがネックになるでしょう。しかし立替一括返済ならば、厳しいお金の問題を解決へ導き、新たな職場で心機一転働きながら返済できるのです。

立替一括返済という制度は知名度が高くないため、今なお奨学金を返済するために嫌な労働環境でも耐えながらお礼奉公をしている看護師がいます。また一般的に、立替一括制度を用意している病院の求人情報は、一般公開されません。非公開求人という形でひそやかに募集が行われるため、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに求人を紹介してもらいましょう。もちろん、立替一括制度を用意している職場では、その後長く働くことが大前提となります。条件や待遇についても、よくチェックしておくべきでしょう。せっかく立替一括返済を受け付けている職場へ勤めても、また辞めたくなってしまえば意味がありませんので、お礼奉公中の転職は働き続けられそうかよく見極めることが肝心です。

看護師辞めたい。関連記事一覧