看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

回復期リハビリテーション病院が看護師の転職におすすめ

回復期リハビリテーション病院が看護師の転職におすすめ

回復期リハビリテーション病院をおすすめするわけ

残業が続いていると、身体を休めることができない、プライベートの時間も楽しめない、日勤と夜勤の両方が混在したシフトでさらに疲弊する……こうした厳しい環境によって、辞めざるを得ない環境に追い込まれることもめずらしくありません。新しい職場を探すときには、同じ問題を繰り返さないよう、厳しい労働環境を避けられるかどうかを意識することが大切です。

選択肢のひとつに、回復期リハビリテーションをおすすめします。回復期リハビリテーションとは2000年に新しく生まれた診療科です。歴史はやや浅く、回復期の患者さんを集中的にリハビリテーションすることを目的としています。ケガをした患者さんなどは、手術をはじめとした治療が成功しても日常生活に戻るのには時間がかかることがあります。それは歩行困難、手足の痺れ、言語障害などが残ってしまうためです。患者さんにリハビリテーションを行い、改善へ導くサポートをすることが、回復期リハビリテーションの主な仕事です。

はじめのうちは大ケガをした患者さんのリハビリテーションを行うことがメインでしたが、近年では高齢者のリハビリテーションの需要が急増しています。高齢者のリハビリテーションでは、ケガだけでなく年齢による身体機能の低下、脳卒中をはじめとした病気の後遺症に対するケアも行います。

高齢化により診療科そのものの需要が増えている回復期リハビリテーションは、看護師にとって人気のある転職先です。その理由に、夜勤や休日出勤が少ないことが挙げられます。あくまで回復期の患者さんを対象としており、入院患者さんであっても身の回りのケアは病棟勤務の看護師の担当になります。リハビリテーションにまつわる業務のみが求められることから、残業や休日出勤が少ないのです。

回復期の患者さんを対応するということは、死者がでたり、身体の機能が悪化したりといった場面にも直面しづらいということ。そのためメンタル面でも、比較的楽な環境です。患者さんの回復が目的のため前向きに働くことができ、やりがいやモチベーションを無理なく向上しやすいことも大きな魅力です。

さらに、回復期リハビリテーションがおすすめの理由として、チームで協力する環境づくりが徹底していることも挙げられます。効率的なリハビリテーションを実現するには、医師と看護師の力だけでは不可能。理学療法士や作業療法士といったスタッフとも連携することが欠かせません。近年、医療機関全般でチームワークの重要性が説かれていますが、回復期リハビリテーションは特にそうした意識が根付いている診療科と言えるでしょう。医師だけが主導権を握る病棟勤務とは意識が違い、チームワークや連携を大切にしながら働くことができるはずです。

回復期リハビリテーションの現場へ転職する方法

回復期リハビリテーション病院へ転職するにはまず、回復期リハビリテーション科を設けている病院を探すところからはじめましょう。当然のことに思うかもしれませんが、病院とは分けて回復期リハビリテーション施設を併設する場合も多いため、転職先を見落としてしまうこともめずらしくありません。

医療法人の場合、回復期リハビリテーションを完全に独立施設として運営していることもあります。医療法人の求人情報を探すときには、一部の病院だけでなくグループ全体をチェックして回復期リハビリテーション病院がないか確認しておくことをおすすめします。

求人を探すにあたっては、看護師を対象とした転職エージェントを利用することがもっとも効率的です。キャリアコンサルタントに「回復期リハビリテーション病院への転職を考えている」と前もって伝えておくことによって、新着の求人も見逃しづらくなります。転職エージェントでは非公開求人も閲覧でき、一般公開がされていない充実した条件の求人もチェックできるのが魅力です。

先述の通り、高齢化の影響によって需要が増えているため、新しく回復期リハビリテーション科を設置する病院もありますので、新設の求人を狙ってもいいかもしれません。今後は、ますます看護師の職場として重要な職場となっていくでしょう。求人が増える可能性も期待でき、転職先の主な候補となります。

もちろん、メリットしかないわけではありませんので、デメリットについても知っておきましょう。回復期とはいえすべての患者さんのリハビリテーションがスムーズにいくとは限りません。リハビリテーションの途中に患者さんが感情的になり、看護師に当たる場合もあります。リハビリテーションの成果が得られないことからやる気をなくした患者さんには、モチベーション向上のための働きかけも求められます。メンタル面でのケアも含めたサポートが必要になるだけに、神経をすり減らす可能性があることを覚えておきましょう。とは言え、それらを含めても病棟勤務のつらい環境に慣れてしまった看護師には、回復期リハビリテーションは恵まれた環境と感じやすく働くモチベーションも維持しやすいため、おすすめできる職場です。

看護師辞めたい。関連記事一覧