看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

職場を変え看護師を続けるか、他の仕事に就くか

職場を変え看護師を続けるか、他の仕事に就くか

看護師を辞めたいとき悩むこと

看護師の中には「もう仕事を辞めてしまいたい」と感じたことがある人も多いでしょう。現在の職場を辞めたいというよりも、看護師という仕事そのものを辞めたくなることもあります。常に人手が足りていない看護師に職場は、どこも厳しい環境に陥っています。転職したところで、似たような環境で働くことになるのなら看護師の仕事をしていく自信がない、きっと転職を繰り返すことになってしまうだろうと、看護師という職業自体に魅力を感じなくなってしまうのです。

看護師を辞めたいと考えたときには、さまざまな選択肢があります。例えば別の病院で働く、看護師そのものを辞めてこれまでとは違った仕事に就くなど。前者には、前述の転職先の環境にまつわる問題があります。後者の場合は、どうなるのでしょうか?看護師として積み上げたキャリアを捨て、別の分野の仕事に就けるのでしょうか?

現実問題は、やはり厳しいところがあります。新卒大学生の内定率は次第に改善されてきているものの、いまだ雇用状況は厳しい状態が続いています。非正規雇用が増えていることは特に大きな問題になり、看護師を辞めた場合に他の仕事で正規雇用してもらえる保証はありません。

看護学校を卒業し、看護師としてしっかり働いてきたこれまでの経験を捨て、一社会人として働く上では、積み重ねたキャリアがもったいないだけでなくマイナスになる可能性もあります。看護師のキャリアは、一般企業の仕事ではあまり役に立たないため、社会人としてはかえってキャリア不足と思われてしまうのです。つまり、看護師から別分野の仕事に就くことは、決して簡単なことではないのです。

看護師から一般職への転職できるのか

看護師から、一般的な職種に転職することは難しいため、普通のサラリーマンやOLとして働くことは避けた方がよいでしょう。単純に就職が難しいだけでなく、その後の仕事のやりがいやモチベーションをキープして働けるかどうかにも影響します。これまでは、職場環境や人間関係に対して不満があったとしても、看護師の職業にやりがいがあるから資格を取って活躍していたはずです。それを捨て、事務職や営業職といった新しい仕事に同じように喜びを見いだせるでしょうか。うまく転職できても、働きはじめてから看護師のころを羨ましく思うようになるかもしれません。看護師の仕事は厳しい部分もありますが、他の業種や職種であっても残業・休日出勤がまったくないわけではありまでんから、転職さえすれば必ず生活が余裕ができるというわけではありません。うまく転職できるかどうか、そして転職してからも仕事を続けられるのかということも問題になるでしょう。

一般職と看護師ではどちらの方が稼げるか

もちろん、収入も転職時の大切なポイントではないでしょうか。看護師は薄給というイメージを抱く人もいると思いますが、必ずしもそうとは限らず、平均収入を見るとむしろ低い水準ではないことが分かります。一般のサラリーマンの平均年収はおよそ300万円と言われています。それに対し、看護師の平均年収はおおよそ470万円。数字を見るだけでも、看護師の給与はむしろ恵まれているkとkがわかるのではないでしょうか。女性の割合が大きい職業の中では、看護師はトップクラスの水準です。

看護師は薄給である、というイメージは、つらい仕事に比べて給与が割りに合わないという事情からもたらされたものと考えられます。数字だけ見ると、むしろ高収入なのです。看護師を辞めて転職したあと、収入ががくんと減ってしまい生活が苦しくなったのでは、仕事を辞めたことを後悔したくなるかもしれません。看護師を辞め、その他の仕事に転職したいと思うのであれば、収入ががくんと減ってしまうことの覚悟も必要です。

看護師を辞めたいと思ったとき、他の仕事を選ぶには困難や問題があることを覚えておきましょう。基本的には、よほどのことがなければ看護師そのものは辞めずに、よりよい転職先を探すことをおすすめします。

看護師業界は人手が足りていない一方で、就職・転職先が広がっています。病院はもちろんのこと、介護・福祉関連の施設の看護師、民間企業に勤務する産業看護師、保育園の看護担当、治験関連、医療機器メーカーなどさまざまな職場があります。さまざまな病院を転々としているのに希望の環境に恵まれない、そして看護師という仕事自体に限界を感じているときには、看護師以外の仕事につくのではなく、看護師の資格やスキルを活かして新しい選択肢を選ぶのもいいでしょう。もし転職先で「やっぱり病院で看護師をするほうが性に合っていたかもしれない」と思ったときにも、ブランクがないため病院勤務へ戻りやすくなります。つらい環境で働くなかで「もう看護師なんてやりたくない!」と感情的になり、視野も狭まってしまうかもしれませんが、転職先を選ぶときにはキャリアや待遇、労働環境についてよく考えて検討しましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧