看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

男性看護師が辞めたいときすべきこと

男性看護師が辞めたいときすべきこと

男性看護師が辞めたいと感じてしまう原因

これまでは、看護師を「看護婦」と呼んでいたことからも分かるように、看護師業界は女性の数が圧倒的です。今も変わらず「看護師=女性」という印象は根強いののの、実際は男性看護師が増加傾向にあります。2008年~2014年には、男性看護師の数はおよそ1.5倍にまでなりました。あわせて需要も増加しており、精神科や療養病棟のように体力が必要な職場では、男性看護師を積極的に採用しています。女性看護師とは違い、結婚や出産、家族の転勤などに事情で辞めることがが少ないため、長期にわたって働いてくれる人材であると雇用する立場からも重宝されています。

需要もあり、ますます活躍する機会が増える男性看護師ですが、いざ現場に立つと辞めたいと感じる人もいます。もともと看護師業界は離職率が高いのですが、男性看護師は女性とは違った理由で辞めたいと感じることもあります。

女性看護師と共通の理由には、厳しいシフトが挙げられるでしょう。女性看護師に比べて体力があるとしても、日勤・夜勤が混在した不規則なシフトでは厳しいもの。体力のいる職場だからこそ、シフトによって心身へのストレスがさらに膨れ上がってしまいます。先述の通り、結婚や出産によって辞めてしまう人も多い女性看護師に比べ、家庭ができてからも変わらず働く男性看護師の場合には、シフトが家庭生活と密接にかかわります。続く夜勤や残業のせいで、子どもと顔を合わせることができない、新婚で夫婦水入らずの時間を作りたいのにそれもできないなど。そのため男性看護師の場合は、結婚や子どもができたタイミングで看護師を辞めるというよりも、余裕のある職場への転職を検討するケースもあります。

男性ならではの理由となるのが、周りが女性ばかりの職場に居心地の悪さを感じるということです。増加傾向にあるとはいえ、看護師業界において男性が占める割合は全体のおよそ8パーセント程度。つまり、100人以上の看護師が働いている職場でも、男性は10人いるかどうかということ。中規模の病院であれば、わずか数人ということもあるでしょう。女性がほとんどの職場では、どうしても窮屈な思いをしやすく、男性が少ないことを理由に嫌な環境で働かざるを得ないこともあるでしょう。「男性なのだから」と厄介な仕事を任せられたり、体力が必要な職場の場合は女性看護師よりも厳しい環境で働かされることもあります。男性看護師の需要が増えている一方で、必ずしも優遇された環境で働けるわけではないのです。

女性の割合が高いために発生するトラブル

女性の多い環境で起こる人間関係のトラブルについては、どのように振る舞うべきか、どのような立ち位置に立つべきが重要です。これは看護師同士の関係だけの話ではなく、患者さんとの関係にも同じことが言えるでしょう。患者さんを移動させるときのように、体力が必要な場面では重宝される男性看護師ですが、介助を行うときには患者さんから拒否され、女性看護師の手を借りなければならないこともあるからです。前向きに仕事と向き合っていても、肝心な仕事はやらせてもらえない、さらにそうした理由から担当の患者さんと今一歩信頼関係を構築できないこともあるでしょう。

看護師同士の人間関係においては、自分がどのような役割をすべきか模索し、悩むこともあります。職場では力仕事を任せる立場の人として扱われるケースもあり、救急対応では責任を押し付けられることもあります。「この仕事をするときは男性看護師が必要だから」と、強引に厳しいシフトを任されることもあります。

さまざまな不満をがあっても、数の少ない男性看護師は多数意見に押し切られ、意見を聞き入れてもらえないことも少なくありません。上司も女性の場合には、そちら側からの観点で考えるため味方になってもらえないことも。また、女性の上司に上から指示をされることに抵抗感があるという、男性ならではのプライドの問題もはらんで、問題が深刻化することもあります。

男性看護師はキャリアアップのためにも転職すべき

女性の職場ならではの苦労が多い男性看護師ですが、さらなるキャリアアップのため転職を検討するのもいいでしょう。シフトが厳しくない、待遇がいいという理由だけでなく、自分の力が評価され、求められる職場を探すべきです。力仕事をすべて任せる便利屋としてではなく、総合的に頼れる存在として認められる職場が理想。まずは、自分自身の適性を理解し、さらにゆくゆくはどのような看護師になりたいのかを考え、転職先を探していきましょう。

転職の際には、なるべく男性看護師が多い職場を探すことも大切です。男性看護師があまりいない職場では、やはり人間関係の問題が起こりやすく、その上キャリアアップの際の障害にもなりかねません。精神科や療養型病院、ICUといった現場は、男性看護師も前向きにキャリアアップできる、転職先の候補となるでしょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧