看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

中堅看護師が辞めたいと考えているときにすべきこと

中堅看護師が辞めたいと考えているときにすべきこと

中間管理職は看護師の中でも特に厳しい役回り

一つの職場で5年程度働いていれば、すっかり一人前の看護師となるでしょう。それゆえ、周囲からも相応の活躍を期待されはじめます。例えば新人看護師の教育担当や現場のリーダーといった、重要な役割を任せられることも増えていきます。5年目頃は、看護師のプロフェッショナルを目指して、さらにキャリアを積みはじめる時期なのです。

看護師という仕事に喜びややりがい、充実感を覚えることができる、充実した時期でもある一方、中間管理職ならではの役割も求められます。自分の仕事だけをしていればいいというわけにはいかず、後輩看護師の行いについても責任を持たなければいけません。新人看護師にアドバイスをしたり、その反対に注意をしたり叱ったりと、ときには嫌われ役になる必要もあります。同時に、自分よりも立場が上の師長や主任からは、自分のミス以外にも他の看護師のことまで注意されるようになり、現場に問題があると厳しく叱られることもあるでしょう。自分のことだけでなく、あらゆる責任を負わなければならないのです。

そして中間管理職に差し掛かる時期には、夜勤の割合が増えていきます。夜勤では自分の仕事をするだけでなく、リーダーという立場から責任のある業務も引き受けなければなりません。日勤では師長がリーダーを努めている職場でも、夜勤では中堅看護師が師長の代わりとなって、現場を仕切る必要があります。夜勤の最中、患者さんにトラブルが起きたときや救急の患者さんが訪れたときにも、責任者という自覚を持って行動する必要があります。

責任のある仕事が求められる一方で、役職に就いていなければ手当が出ない可能性もあります。責任は重いのに待遇に反映せず、この仕事は割に合わないと不満を感じることもあるでしょう。多くの場合中間管理職の時期にしっかり経験を積むことで、その後役職についたり昇進や昇給が決まったりと喜びにつながるのですが、耐えられずに途中で辞めてしまう人もいます。

理想の働き方ができないとすぐに限界を迎える

この時期は、職場の環境について強い不満を覚えることもあります。誰もが一人前の看護師としてステップアップしていくうち、仕事について「こうした方がいいのでは」「もっとこうしなければ」と考えるようになっていきます。新人の頃は仕事を覚えることにいっぱいっぱいで、上司の指示通りに動いていた人でも、キャリアを積むと自分で考える力がついていくのです。リーダーのように責任の生じる立場となれば、なおさら「こうした方がよいのではないか」と思う機会も増えますが、上司の指示と食い違ったときには思うように働けず、場合によっては怒られてしまい、モチベーションを失くしてしまいます。同時に、この時期は現在の職場が融通の利く環境かどうかが見えてきます。キャリアを積んでいくと、自分の身の回りことだけでなく、新人看護師や後輩看護師の働き方についてもよく考え、現場を代表して病院側に意見を伝えるという中間管理職ならではの役割を任されることもあります。このとき、病院側や上司が必ず意見を聞いてくれるとは限りません。病院側の都合を押し付けられるような職場の場合には「この職場で働き続けても、今以上活躍することは難しいだろう」と感じてしまうでしょう。

さらにこの時期には、新人看護師のころに「将来的には、こういう看護師になりたい」と想像していた看護師像に近づいているかどうかも見えてくるでしょう。現在の職場で経験を積んだとしても、理想の看護師になれそうにないのであれば仕事に対するモチベーションが下がってしまうかもしれません。

中堅看護師は転職することで解放されるかも

中堅看護師ならではの悩みを抱えているときには、転職によって解決へ導くのもいいでしょう。こうした転職は看護師の仕事がつらいので辞めたくなった、職場へのネガティブな感情が積もって衝動的に辞めたくなったというケースとは異なります。職場の環境や将来性、自分自身の未来のビジョンについてしっかり考えたうえでの決断のため、転職活動もスムーズに進めやすくなるはずです。職場に対しどのような要望があるのか、また転職先はどのようなポイントを意識して絞り込んでいくべきか、明確にできるためです。以前の職場で責任ある立場としてキャリアを積んだ看護師の場合は、有能な人材として重宝され転職先を自由に選んでいくこともできます。

積み上げてきたキャリアを活かし活躍できそうな職場のほかにも、さらなるキャリアアップができるより専門的な職場を選ぶのもいいでしょう。緊急性の高い現場を経験できるICU、オペ室、救急救命のある病院や、需要が高まっている精神科・透析といった専門的な診療科への転職もいいかもしれません。また、中堅看護師向けの教育体制が充実しており、専門看護師や認定看護師のように、さらなるキャリアアップを目指せる転職先も魅力的です。

この時期にどう対応するかで、看護師としてのキャリアにも変化がもたらされます。数年後に後悔しないよう、現在の自分の知識や技術力、そして職場の状況を踏まえてよく考え、退職すべきなのか、またどのように転職活動すべきなのか考えましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧