看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

給料が安いことから看護師を辞めたいときにすべきこと

給料が安いことから看護師を辞めたいときにすべきこと

看護師は給料が安いことも多い

看護師について「激務の割には薄給」という印象を抱く人もいるのではないでしょうか。しかし収入のみについて言えば、必ずしもそうとは限りません。看護師の平均年収は、470万円前後と言われています。一般的なサラリーマンの平均年収は、300万円~400万円と言われていることを考えれば、決して薄給とは言えないでしょう。女性の割合が高い職業の中では、むしろ恵まれています。

そうは言っても、この数字はあくまで平均年収。この金額とはかけ離れた、安い給料で働いている看護師も少なくありません。その理由として、離職率や転職率が高いことが挙げられます。一つの職場で10年など長い期間働き続けたケースと、いくつもの職場を点々としているケースでは、同じ世代の看護師であっても収入に大きな差が生まれてしまいます。長い期間、ブランクなしで看護師として働いていたとしても、転職が多ければキャリアアップできず、薄給と感じやすくなります。

また、同じ看護師でも職場によって給与に格差があります。比較的大規模な大学病院や総合病院から個人経営クリニックに至るまで、医療機関だけでもさまざまな種類があります。さらに近年は、介護施設をはじめとした福祉関連施設や、治験施設、民間企業も看護師の職場です。職場によって給与水準はまったく違うため、大規模な病院の師長であれば年収600万円を超えることもめずらしくない一方、介護関連施設では300万円前後にとどまる場合もあります。平均年収はこれらの平均値として算出されるため、看護師であれば全員が高収入というわけではありません。

看護師の給料が安い場合の解決策

看護師の給料について考えるとき、勤務環境とのバランスも非常に重要です。金額だけならば高待遇に思えても、業務内容と比較すると割りに合わないということがめずらしくありません。当然のように残業や休日出勤があり、日勤と夜勤が混在したシフトによってゆっくり休む時間がない。人手は足りず、やらなくてはならない仕事が多いことから責任も重い。そうした環境では「仕事内容に対して合っていない」と感じるでしょう。給料に不満があるときは、昇給について、職場について思うことを職場に訴え解決へ導く必要もあります。

看護師が、給料について安いと不満に思っているときは具体的な解決策を試しましょう。一つ目は、職場の気になることについて、病院側へ改善を申し出るということ。シフトを減らしてほしい、残業を減らしたい、特定の曜日は休ませてもらいたい、といった要望を考慮してもらうことは、看護師に与えられた権利です。真剣に伝えれば職場も耳を傾けてくれるはずですし、スムーズに解決を目指せる現実的な手段です。人手が足りていないことによって厳しいシフトや残業が続いている場合、すぐに解決することは難しいかもしれませんが、職場に訴えることで人員増加を急いでくれるかもしれません。職場へ訴えるときは、1人ではなく不満がある同僚たちとともに主張することで、説得力が増します。事前に、同僚たちと現在の就業環境をどう感じているか確認しておきましょう。可能であれば、上司も味方につけたいものです。人手が足りていない職場の場合、少なからず上司も無理をしている可能性が高いため、同意してくれるかもしれません。

続いて、サービス残業のように割に合わない働き方をしていないかチェックすることも大切です。看護師だけでなく、多くの業種でサービス残業が問題視されていますが、中でも看護師は過酷な環境である場合が少なくありません。サービス残業は、言ってしまえば「ただ働き」ですから、自身の働きに対して給料が安いと感じるのも無理はありません。給与明細に目を通し、残業手当、超過勤務手当、夜勤手当などが出ていないのであれば、労働者の正当な権利として請求してよいでしょう。こちらも同じく同僚と話し合った上で、ともに申し出ることをおすすめします。ほとんどの場合、未払いは1人だけに起こっている問題ではありません。職場全体の問題になっているはずですので、同僚に問いかければ同じ思いをしている人も見つかるでしょう。

給料のいい職場へ転職する方法

現在の職場で働き続けたとしても給料が上がらない、また割りに合わないのであれば、転職を検討しましょう。その際、やはり転職先を絞り込むときも給料が重要なポイントになるため、スムーズな転職のコツを覚えておきましょう。

まず、求人情報で注目したいのは「基給」です。給料を「各種手当込み」として掲載している求人情報では、基給がいくらか分かりづらいものです。一見高収入に思えても、その分かなりの量の夜勤が必要になる可能性もあります。基給によって賞与の具体的な金額も変動するため、基給は非常に重要です。同時に、夜勤手当や超過勤務手当をはじめとした、手当の詳細もチェックしましょう。

また、どのようにキャリアアップできるかも大切なポイントです。教育体制が整っているか、専門・認定看護師のような資格取得の支援制度があるかも確認しましょう。これらの制度が整っていれば、キャリアアップによる昇給も見込めます。

こうした点に注目しながら、現在よりも収入が期待できる転職先を探しましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧