看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

ショックなことがあり看護師を辞めたいときにすべきこと

ショックなことがあり看護師を辞めたいときにすべきこと

インシデントをなくすことは不可能

インシデント、すなわち患者さんへ直接的な影響を及ぼすことはなくとも、そうした恐れのあるミスは、看護師にとって避けなければならないものです。しかし看護師のほとんどが、一度はインシデントを経験しているといっても過言でないのではないでしょうか。致命的なミスを招く手前で立ち止まって冷や汗をかいたり、冷静に思え返すと非常に恐ろしい状況だったことに気づいてゾッとすることもめずらしくありません。看護師も人間ですから、これらはどうしても起こってしまうことなのです。インシデントを起こさないためには、看護師個人の能力に任せず、他の看護師とのチームワークを生かすことや、病院側から提示されるマニュアルを活用することが欠かせません。他の看護師による確認を怠らず、マニュアルにある作業を徹底することで、個人の経験に関係なくインシデントを防げるようになるはずです。

しかしそれでも、インシデントを無くすことは簡単ではありません。人手が足りていない病院の場合、一つひとつの作業があわただしく行われるようになり、スタッフによるチェックも徹底しづらくなります。人手が足りていないことでインシデントが起きやすくなり、インシデントが原因で看護師が辞めてしまう…といった悪循環を招くケースも決して少なくありません。

インシデントを起こしてしまったことに強いショックを受け、看護師そのものを辞めたいと考えるようになってしまうのです。自分の行いによって患者さんが命を落とす可能性があった、ということは純粋なショックにつながりますが、上司や先輩看護師からきつく怒られることによって二重三重にショックを受けてしまい、精神的に追い詰められてしまいます。最終的には「自分は看護師に向いていない」、「こんなに大きなミスを起こしてしまった以上、この職場に迷惑をかけることはできない」、「もう患者さんに顔向けできない」と、ネガティブな方向に思い込んでしまうのです。

インシデントを起こさないために

ショックを受けないよう、そもそもインシデントを起こさないように努めなければなりません。一度のインシデントはフォローしてもらえても、同じミスを二度以上引き起こすことは許されません。万が一ミスを繰り返したときには、大変なショックから立ち直ることもままならず、看護師という職業自体を辞めたくなるかもしれません。

インシデントを避けるためには、事前にマニュアルを熟読して正しい作業を徹底しましょう。しかし、慣れてくると一つひとつの作業がわずらわしくなるかもしれません。丁寧な確認には時間もかかることから、不要なステップだと考えてしまうのです。実際はキャリアに関係なく、インシデントを起こす可能性はありますので、厳しいチェックを怠らないようにしましょう。

同時に、人間関係を重んじることも大切です。インシデントは担当看護師の個人の能力だけでは防げず、職場全体で防止に努めるものです。自分がインシデントを招いた場合だけでなく、同僚がトラブルを引き起こしたケースでも、職場内でよく話し合い、問題点はなにか、再発防止のためには何をすればいいか考えましょう。職場全体で共有することでインシデントの責任を一人の看護師に押しつけることもなくなり、個人が抱えるショックを和らげることにもつながります。

職場の対応次第で転職も検討

インシデントを起こさないため、どのような対策をしているかというポイントは、職場の重要な評価基準になります。先輩や上司がインシデントを起こした看護師をどうフォローをするか、そもそも事前にインシデント対策が行われているか、インシデントにまつわる責任を看護師にまるっきり押し付けていないか。これらの対応から、職場の善し悪しが見えてきます。

インシデントを起こした後、看護師同士の問題確認や再発防止策を話し合わない職場は、優れた環境とは言い難いもの。こうした環境構築には、人間関係も関与しています。インシデントが起きてしも気にすることなく、きっかけの看護師一人だけが悪いと判断する、もしくは上司に訴えても改善されない、話し合いのための環境づくりが整っていない。こうした職場では通常業務の意思疎通も滞りやすくなることから、インシデントについても起きるべくして起きてしまうのでしょう。

自分がインシデントを招いた場合ケース以外にも、誰かがインシデントを起こしたとき、病院や上司がどのように対応しているか、看護師たちはどのように受け止めているのかをチェックし、転職の判断材料にしてください。ショックな出来事があったとしても誰もフォローしてくれないような職場では、安心して働くことは難しいでしょう。もし仮にインシデントを起こしてしまったら、非常に大きなショックにつながってしまいます。ミスの前で環境の善し悪しが見えてくるはずですから、自分の働く職場はインシデントのショックによって看護師としての自信を失う可能性がないか、日々チェックしてみましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧