看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

人間関係で苦労し看護師を辞めたいとき、異動・パートを選択肢に入れよう

人間関係で苦労し看護師を辞めたいとき、異動・パートを選択肢に入れよう

人間関係がよい職場のイメージ

人間関係で苦労を感じ、看護師を辞めたいと思ったときには、人間関係の良好な職場に切り替えるべきです。人間関係が嫌だと感じたまま働き続けると、心身に強いストレスがかかってしまいます。職場への不信感からはじまり、看護師という仕事自体への不満にもつながることから、看護師を辞めたいという思いに辿り着いてしまうのです。

看護師が辞めたいと感じる主な原因として、忙しさとともに多く挙げられるのが「人間関係」。総合病院では看護師の数が100名を超える場合もあり、どうしても人間関係が複雑化します。苦手な先輩や同僚とかかわらなければいけない、派閥問題に巻き込まれるなどのトラブルも起こりがちです。さらに、シフトを調整するに当たって人間関係の問題が起きることもあるでしょう。日勤と夜勤の看護師のあいだで対立したり、休みや残業について文句を言われたり、シフトの問題は職場環境をさらに厳しいものに変えてしまう可能性があります。

職場の人間関係が苦痛に感じられたら、まずは「看護師の人間関係が良好な職場とは?」とイメージしてみましょう。人間関係が悪化する原因は多岐に渡るため、現在の職場ではどのような問題があって働きにくいと感じるのか、改めて考えてみてください。

シフトに悩んでいるのであれば、シフトのゆとりができることで精神的な余裕につながり、人間関係もよくなるでしょう。もしくは上司がしっかりしていれば、看護師をきちんと束ね結束力が強くなるかもしれません。インシデントが起きても、看護師同士一体となりフォローしてくれる環境であれば、お互いの信頼関係構築につながります。自分が抱えている不満やストレスの種にも目を向けながら、理想的な人間関係の職場について思いを巡らせてみましょう。

人間関係が良好になるよう改善策を探そう

人間関係が悪化したときには、自分から率先して動くことで、改善を目指しましょう。人間関係のトラブルでは、主張の少ない人が損をしやすくなります。人間関係にまつわる問題を抱えている場合、主張の少ない人や、行動していない人がトラブルを引き受ける可能性が高いのです。そのため、問題が起きたらぜひ積極的に行動しましょう。一般的に看護師は同僚や患者さんに迷惑をかけやすくなることから、自己主張がしづらい傾向にあります。しかし我慢するばかりでは、自己主張をした看護師だけがいい思いをする事態になりかねません。また、ストレスを我慢していると、心身の消耗によってミスが増えたり、体調を崩して急な休みが必要になったりと、かえって職場に迷惑をかけてしまう場合もあります。人間関係が悪化したときには、大きな問題を防ぐためにも自らスムーズに動き、改善へ導きましょう。

まず、上司は問題について知っていますか?把握していないのなら、まずは相談しましょう。改善が期待できないのであれば、幹部や人事に持ちかけるのもいいでしょう。同じ悩み・不満を抱える同僚とともに行動するのもいいかもしれません。他者への訴えそのものが働きづらさやマイナス点になってしまう可能性もありますが、そうした職場ではアプローチを変えても問題の解決が期待できないことから、働きやすい職場と言いづらいでしょう。なるべく早い段階で、具体的に転職を考えるのもいいかもしれません。

働き方を変え、パートや異動も検討する

現在の職場で働くことが厳しいのなら、異動を検討するのもいいかもしれません。総合病院では診療科や部門によって雰囲気が大きく変わるため、転職せずとも別部署へ異動するだけで人間関係について悩まなくなるかもしれません。人間関係がよさそうな部署が、自身が働く病院内にないか探してみましょう。気持ちよく働くことができそうな場所、頼れる上司がいる部門が見つかれば、異動を申し出るのもいいかもしれません。

さらに、働き方を変えるという方法もあります。正規雇用の常勤看護師同士で人間関係の問題が起きているのなら、パート勤務を選ぶことで一歩引くことができ、トラブルに巻き込まれにくくなります。正規雇用からパートに変える場合、もっとも気になるのは収入面ですが、悩みがなくなると同時にシフトのゆとりもできることで、余裕をもって働きやすくなるのは魅力です。

人間関係のトラブルに悩んでいるときには、感情的に退職を決めずに、現在の職場でできることはないか探してみることが大切です。

看護師辞めたい。関連記事一覧