看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

看護師を辞めたいが職場が辞めづらいときすべきこと

看護師を辞めたいが職場が辞めづらいときすべきこと

上司に退職を申し出ることができない

現在、看護師の職場は人手不足である場合がほとんどです。誰もが、忙しさに喘ぎながら働いています。そして、激務によって辞めていく看護師が増え、さらに人手不足に拍車がかかる…といった悪循環をもたらしてしまいます。悪循環をせき止めるためにも、現場では辞めたいと訴える看護師を強く引き止め、離職願いを出したところでほとんどの場合すぐに受け入れられることはありません。場合によっては、引き止められるだけでなく怒られてしまうことも。「同僚たちも忙しくて大変なのに、それを分かっていて自分だけ退職するなんて!」というのが、怒られてしまう原因です。

引き止められるだけならまだしも、場合によっては退職を受け入れられないこともあります。師長や部長といった上司は、現場を束ねなければいけないため一人でも辞められると調整に大変な思いをします。さらには、自らの責任問題と言われることもあることから、退職を受け入れず、その後も強引に仕事を続けさせようとするのです。「今は一番忙しい時期だから、落ち着いてから改めて話を聞かせてください」、「新しい人材が入る年度末時以外は、退職を一切認めていません」といった理由で引き伸ばされてしまいます。面と向かって話をする上司ならばいいものの、中には話を聞いてもくれない上司や、わざと会話をするきっかけを作らず退職を聞き入れない上司もいます。そうした状況が続くと「師長や部長に辞めたいと言ったところで辞められない」、もしくは「またひどく怒られたり無視されたりするだけだろう」、と考え、辞めたいと言いづらくなります。これでは、相手の思う壺と言えるでしょう。

そもそも、労働基準法では「辞める権利」が認められています。上司が認めず、一方的な都合で働かせ続けることは、権利侵害に値する行為と言えます。一方で、人間関係を悪化させたくないという思いから、強く権利を主張しづらく、辞めたいと言い出すことが怖いと感じることもあるでしょう。そうした場合には、上司とのあいだに第三者に入ってもらい、改めて交渉してはいかがでしょうか。第三者の候補には、ナースセンターのスタッフ、転職エージェントのキャリアコンサルタントなどがあります。第三者には職場とは利害関係のない人物を選ぶことで、辞めるための交渉がしやすくなります。交渉を代行することによって、自分では言いづらい内容も主張でき、気持ちが追い詰められてしまう状況も避けやすくなります。退職を自分から切り出しにくい人は、こうしたやり方があることを覚えておいてください。

同僚看護師へ迷惑をかけたくない

看護師を辞める上で、ネックになりがちなのが、他の看護師へ迷惑をかけてしまうことに対する不安です。前述のように、人手不足の状態では誰かひとりでも看護師が辞めると、残った看護師にしわ寄せが及び、ますます負担が増えてしまいます。看護師にとって、誰かが辞めることは、その分自分の仕事がつらくなるということ。「よりによって大変な時期に辞めるなんて」「私たちまで大変な思いをすることになった」といった不満が起こることもあるでしょう。そうした状況で、上司に「大変なときなのだから、あなたが辞めることで他の人にも迷惑がかかる」と説教されてしまえば、さらに辞めづらく感じられるでしょう。

トラブルを避けるためには、なるべく早い段階で退職を申請しておくことが有効です。申し出たときから実際に辞めるまでの期間が短い場合、すでに決定しているシフトを変えなければならないなどの理由から周りの看護師に迷惑をかける心配がありますが、3ヵ月以上前に申請すれば、シフトの調整も十分可能です。前もって申請したにも関わらず、上司が「迷惑」と主張するのであれば、職場のシフト状況や人手に問題があるのでしょう。一般的に、退職願いを出す時期の目安は1ヵ月前と言われていますが、人手が足りていない職場や切り出しにくい環境ならば、十分な時間をとり、3ヵ月以上前を目安に申し出ましょう。

退職を引き留められてそのまま働いている

退職の願いを出しても引き止められ、ずるずると働き続けてしまうケースもあります。「今は特に忙しい時期だから、少し落ち着いてから改めて話しましょう」と言われ、本格的に辞める話ができないまま働き続けてしまうのです。そして改めて退職に関する話をするつもりがうまくはぐらかされ、向き合ってもらえなくなってしまいます。こうした対応からも、上司が辞めさせるつもりがないことが分かります。話を取り合ってもらえない場合も、解決のためには第三者に介入してもらいましょう。まったく聞く耳を持ってもらえない場合や、怒られる場合に比べ比較的よい状況と言えるため、人事に相談することによって、病院内で解決できるかもしれません。師長に聞き入れてもらえないなら、部長に声をかけるのもいいでしょう。

看護師は辞めたくても思うように辞められないケースが少なくありません。しかし、辞めたいと訴えている従業員を働かせ続けるのは労働基準法違反にあたります。上司の説教や職場の雰囲気によって「自分は周りに迷惑をかけているのでは」と感じてしまうかもしれませんが、辞めることは正当な権利のため、堂々と退職を申し出てください。

看護師辞めたい。関連記事一覧