看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

男性看護師が辞めたいときすべきこと

家事や育児と仕事を両立できず看護師を辞めたいときすべきこと

看護師の仕事はプライベートと両立しにくい

女性の割合が高い看護師の業界では、プライベートと仕事を両立することが重要な課題となります。そして思うように両立できず、退職しなければならない状況に追い込まれてしまうことで、人手不足がさらに深刻化する場合もあります。仕事を続けたくともうまくいかない看護師がいる一方、退職した看護師がいることで仕事が回らなくなり、変わらず働いている看護師が苦労する羽目になる。これが、看護師の労働環境が改善されにくい要因なのです。

人手不足の問題を解消するために、家庭の事情で退職した看護師を積極的に呼び戻す職場や、子育て支援制度を整える職場も増えています。しかしそうした制度を活用してもまだ、十分な成果を得るまでには至っていません。人手が足りずにシフトがきつい状況や、残業・休日出勤の多い環境では、看護師が長く働き続けることが難しいためです。

看護師の仕事は、元来プライベートとの両立が簡単ではありません。体力面・精神面ともに負担が大きく、家事やプライベートに労力をかける余裕がなくなってしまうのです。子育てのための時間を作ろうと思っても、心身のストレスがたまり子どもと向き合えない、また患者さんの対応によって精神的に疲れ切って、子どもの世話ができなくなるといった問題が起きてしまうこともあります。毎日時間に追われ、忙しい状態が続くと家庭生活にも影を落とします。いつでも時間がなく、子どもや夫と一緒にいる時間を捻出できない、そうした状況で子どもや夫と良好な関係を築けるか自信がない……こうした不安を抱えながら、仕事に向き合わなければならない看護師も多いのです。

看護師の仕事と家庭を両立するのであれば、時間の余裕があることはもちろん、精神面や肉体面でも余裕がなければなりません。現在の職場では両立が難しいのであれば、転職に踏み切るのもいいでしょう。現実的な問題として、多少労働環境を整えてもらったとしても、根本的な解決にはつながらないことも多く、それならば職場を変えてしまった方がいい場合も多いのです。

仕事と家庭をうまく両立するための転職のコツ

看護師の仕事と家庭を両立するために転職するのであれば、やはり就業時間についてよく確認することが欠かせません。まず避けたいのは夜勤。日勤のみの求人に絞ったうえで、なるべく残業や休日がない職場を選びましょう。非常勤の看護師であれば、この条件に当てはまる求人もありますが、正規雇用の常勤看護師の場合は数が限られます。求人を探すときには、転職エージェントをうまく活用しながら選びましょう。

さらに、転職先の職場の規模などもよく検討する必要があります。総合病院のように大きな病院よりも、小さめのクリニックの方が労働時間の融通がききやすい傾向にあります。また、入院施設がない病院ならば夜勤もないため、病院以外の職場へ転職するのもいいでしょう。ただしそのような職場は、待遇・キャリア面でマイナスになる可能性もあることから、プライベートと看護師としてのキャリア、どちらを優先したいと思うのか、よく考えて職場を選んでいくべきでしょう。

また、職場に子育てや家庭の事情と仕事を両立するための制度が整っているかも確認しておきましょう。小さな子どもがいるのであれば、職場やその近くに託児所があるかどうかで働きやすさが変わります。近年、託児所を併設している病院そのものは多いのですが、その種類はさまざま。24時間体制で対応している託児所や、特定の時間受け付けている託児所、院内に設置されている託児所、少し離れた提携先の託児所などを利用するパターンもあります。しかし、託児所が用意されていれば、子育てと仕事が両立しやすくなるとも言えません。24時間対応の託児所を利用しなければならないということは、夜間は子どもを預けてでも夜勤を担当しなければならないということ。託児所の有無だけでなく労働環境も見比べ、じっくりと判断してください。できるのなら、託児所を利用しなくても仕事と子育てを両立できる職場と出会いたいものです。

さらに、職場が家庭と仕事を両立を支援してくれているかどうかもポイントです。サポート体制がどれほど充実していたとしても、同僚の看護師に理解がなければ意味がありません。日勤のみを担当していると、夜勤をしている看護師から反感を買いやすくなったり、子どもの送り迎えを優先して残業をしないことで、他の看護師から嫌味を言われたりすることもあります。

看護師が家庭と仕事を両立するうえでは、周囲のサポートは必要不可欠。同僚看護師に理解があり、お互いに助け合う風土が根付いた職場を選ぶことが、非常に重要なのです。こうした内部事情は、求人情報から知ることが難しいため、病院の公式サイトや転職エージェントを活用し、子育てをしている看護師がどのくらい在籍しているかという情報もチェックしておきたいものです。

看護師辞めたい。関連記事一覧