看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

病院勤務の看護師が円満退職するためにすべきこと

病院勤務の看護師が円満退職するためにすべきこと

病院で円満退職が求められる理由

退職時、円満に辞めることは看護師だけでなく社会人に必要な礼儀です。退職時にトラブルを起こしてしまうと、面倒な思いをする上、メンタル面でも余計なストレスを負うことにつながります。さらに、転職活動においても影響を与え、転職先の職場でも負担になる可能性があります。

看護師の職場は多くの場合人手が足りておらず、転職先を探すのは難しくないイメージがあるでしょう。しかし待遇がよく、余裕を持って働ける職場は限られています。また、環境のよい職場ほど、採用時には「看護師が長く勤めてくれるかどうか」、「自分たちの職場になじめる人材かどうか」としっかり見極めています。その調査として、以前の職場に問い合わせ、勤務態度をチェックすることもあります。そのため、職場を辞めるときに大きなトラブルを起こしていた場合には、採用時にマイナスポイントとなってしまいます。きちんと働いていた期間が長くとも、退職時の対応がよくなかったということで、悪い評価が広がってしまいやすいのです。

転職エージェントを活用する場合も、辞め方が重要になることがあります。転職エージェントではキャリアコンサルタントが一人ひとりに合う求人を紹介してくれますが、判断材料の一つとして前の職場での勤務状況を調べるケースもあります。トラブルを起こし職場を辞めてしまう人材には、信頼関係を構築してきた医療機関や施設を紹介しづらいと考える場合もあります。

看護師が辞める主な理由は、大きく分けると2つ。まずは、結婚・出産などプライベートの理由によるもの。もうひとつは不満が積もり退職に至るもの。前者なら円満退職がしやすいのですが、後者は感情的になりやすく、職場とのトラブルをも起きやすくなります。積もった不満が爆発して退職を余儀なくされることがないよう、辞める前に準備を進め、円満に退職すべきです。また、トラブルを起こさないために、退職願は必ず書面で用意してください。書面で作成すれば、退職日を記録として確実に残すことができます。

円満退職へ導くために辞めると伝えるタイミング

円満退職のためには、辞めたいと伝えるタイミングを見極めることも欠かせません。「もう辞めます、明日からは来ません」という対応は、間違いなくトラブルにつながるでしょう。円満退職には、辞める時期とそれを伝えるタイミングをよく検討しましょう。あらかじめ退職希望日を決定し、逆算して辞意を切り出すタイミングを決めましょう。

まずは、現在の職場における就業規則をチェックしましょう。「退職を予定している日より、○日(○ヶ月)前に辞意を申請しなければならない」というように義務付けられている職場もあります。法律上は、退職を申請したあと2週間経てば雇用関係がなくなると決まっています。しかし、就業規則によって2週間よりも長い期間が必要であると定められている可能性もあります。就業規則に目を通さないまま「2週間後に辞めます」と上司に伝えても、辞めることができずトラブルになる恐れがあるため気をつけてください。トラブルを起こさないためには、1ヵ月前程度を目安として、辞意を伝えておきましょう。

また、上司に伝えるタイミングとしては、なるべく忙しくない時期を選びましょう。看護師の職場は人手が足りていないことが多く、常に忙しいものです。しかし人手不足によって、すべての看護師が厳しいシフトに耐えているタイミングで辞意を申し出ると、職場や上司だけでなく同僚の不満にもつながってしまいます。理想は、新人看護師や新卒の人材が入社したタイミングです。反対に、退職する人が続いているタイミングで辞意を申し出ると、円満退職になりにくい傾向にあります。

退職するまではどのくらいの期間が必要か

先ほどお伝えしたように、退職に至るまでの期間は1ヵ月程度設けることが一般的です。しかし、上司に辞めたいと申し出るより先に、やらなければならないこともたくさんあります。準備を怠っていると、辞めるタイミングになってからトラブルが起き、職場とトラブルになりかねません。まず注意したいのが、退職願。口頭のやりとりで済ませず書面として提出しなければなりませんが、その際には正当な退職理由が必要です。しっかりと、社会人として適切な退職理由を定めておきましょう。人手が足りていない職場の場合は、引き止められてなかなかスムーズに受理されないことや、強引に働き続けるように言われることもあります。感情的にならないよう、自分の気持ちを冷静にまとめておいてください。どのような職場においても、辞める権利は労働基準法によって守られています。職場からの強い圧力や、長期戦の説得にも負けないよう気持ちを固めておきましょう。

これらを考慮した上で、退職希望日の1ヵ月ほど前には辞意を申し出ましょう。さらに、その1ヵ月前には退職や転職のための準備をはじめ、実際に辞めるまでに2ヶ月ほど確保しておきましょう。円満退職のためには、あらかじめトラブルにつながりそうな問題を解決しておきたいところです。十分な時間をとって準備を進めれば、早いうちから転職活動にも取りかかることができるでしょう。職場に対する不満が耐えられなくなるまで我慢して働くのではなく、現在の職場でこのまま働き続けられるか、またそれによって得られるものは何があるか、冷静に考えて転職の準備をしていきたいものです。

看護師辞めたい。関連記事一覧