看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

休みが少ない看護師を辞めたいときにすべきこと

休みが少ない看護師を辞めたいときにすべきこと

看護師は休みが少なく残業は多い

看護師は離職率が高いとされている原因に、休みの少なさが挙げられます。すべての職場で労働基準法に基づき、休日が定められているはずにもかかわらず、看護師は休日によく休んでプライベートを充実させることが難しい状況です。たとえば土日休みであってもその分金曜日は深夜まで残業を強いられたり、夜勤の疲れが残っているために休日は寝て過ごすだけで終わってしまったりと、せっかくの休日も満足に楽しめないことが少なくありません。

特に問題になるのが、求人情報に掲載している休日数をしっかり確保していない職場です。表面上は「4週8休」であっても、現場では週に一度の休日をとることさえままならない職場もあり、採用されてから「聞いていた話と違う」と不満に思うかもしれません。また、せっかくの休日にも夜勤と重なって早朝まで仕事をし、翌日は朝から出勤しなければならないこともあります。その場合の休日は、寝て過ごすことになるでしょう。シフトの都合を優先するように休日を設定されることも多く、望まない日や平日ばかりが休みになったり、「明日は他の看護師が出勤できるらしいからあなたは休んでいいわ」と、直前に突然休日を決められたりもします。これでは、友人や家族と予定を合わせて休日を楽しむことはできません。

残業の多さも、重要な問題です。看護師の仕事では連日残業が続き、家に帰っても寝ることしかできず、毎日職場と家を往復しているだけの状態に陥ってしまうことがあります。せっかくの休日も、溜まった疲労を癒すために寝て終わり、プライベートなどなくなって「何のために看護師という仕事を選んだのだろう」と自問したくもなるでしょう。さらに、残業後「明日は休みの予定だけど、人手が足りてないから出勤してほしい」と言われ、急に休日がなくなってしまうこともめずらしくありません。

思うように休めない生活では、ノイローゼにもなりかねません。休みの日も「自分だけが休んでいいのだろうか」とプレッシャーを感じ、ナースコールや上司の声が幻聴として現れるなど精神状態に影響を与えることもあります。友人と遊んで羽を伸ばしたり、異性と出会ったりということにも縁がなくなっていくでしょう。

看護師はプライベートをどう作る?

看護師の厳しい労働環境の中、どうやってプライベートの時間を作ればいいかといえば、端的に「仕事の量を減らす」しか方法はありません。そもそも休日がなければ、どれほどうまく活用してもプライベートの充実にはつながりにくいためです。まずは、師長に休日を増やしてもらえないか相談してください。師長も心あたりがあるはずですので、看護師として自分の思う問題点や改善してほしいことを具体的に持ちかけましょう。そのときは感情的にならないように気をつけながら、客観的に伝えることを心がけてください。「シフトが厳しすぎるので、少し楽にすることはできないでしょうか」「仕事の効率あげ、やらなければならないことの量を減らすことはできないでしょうか」というように、職場全体の環境改善になるよう提案しましょう。

残業ばかりで休みがない職場は、人手が足りていないということだけでなく職場全体の作業効率が悪くなっている可能性があります。引き継ぎが滞り、何度も同じ作業ばかり繰り返しているなど、無駄な作業が増えると看護師の負担も大きくなります。そうして残業・休日出勤を招かないよう、効率向上はできないか師長に見直してもらいましょう。一人で切り出しにくいのであれば、同僚と一緒に相談してください。複数の看護師の声があれば、説得力も増します。

プライベートを充実させるためには転職も検討

しかし看護師の努力のみで、職場環境の改善を目指すことは得策ではありません。現場が忙しいことの根本的な原因は、人手不足にあります。病院側が看護師を増員するなど、具体的な対策をしなければ解決にはつながりません。なかなか職場の環境が改善せず、プライベートの時間がほとんどない状態で働き続けるのは困難だと感じたときには、転職も検討すべきでしょう。プライベートの時間がほとんどない日々の中でも、時間は過ぎていきます。数年後に振り返ったとき「20代は、看護師の仕事をこなすだけで終わってしまった」と後悔しないためには、転職の決断も必要です。

プライベートを確保することが目的で転職するのであれば、当然転職先を選ぶときにも「確実に休める」ことが大切になるでしょう。求人情報を見るときは、休日の日数について詳細まで確認しましょう。4週8休が守られているか、土日に休めるか、年間休日数は何日か。さらに、夏季や年末年始の休暇はとれるか、具体的な日数はどのくらいか。しっかりした職場なら求人情報に掲載されているはずですので、そのような求人を優先的に確保しましょう。

そして、大切なのが有給休暇です。一般的な求人情報には「年間○○日の有給休暇を取得できる」というように記載されていますが、本当にそれだけの日数を確実に休めるとは限りません。求人情報を見るときは、有給休暇の日数とともに消化率を公表している職場を選んでください。理想は、7~8割ほどの消化率です。

看護師辞めたい。関連記事一覧