看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

看護師辞めたいときは楽な仕事ができる職場へ転職する
看護師の辞め方の処方箋

看護師辞めたいときは楽な仕事ができる職場へ転職する

看護師が辞めたいと考える原因は、第一に「厳しい勤務環境」が考えられます。続く残業や休日出勤、日勤と夜勤が混ざったシフトなどによって心身ともに疲弊した結果、退職を検討しはじめるのです。激務が原因で転職するのであれば、同じ事態に陥らないようにできる限り仕事が楽な職場を選ばなければいけません。「楽にお金を稼ぐことなんてできない」と感じてしまうかもしれませんが、この場合は「楽をする」仕事ではなく、できるだけ今よりも心身のストレスを減らしながら働くということが重要です。

単発アルバイトのように融通が利きやすい職場への転職
看護師の辞め方の処方箋

単発アルバイトのように融通が利きやすい職場への転職

看護師が辞めてしまう理由としてもっともポピュラーなものに、つらい労働環境が挙げられます。看護師は人手不足が深刻化しており、どのような職場でも限られた人材でどうにかシフトを作っている状況です。それゆえ日勤と夜勤が混在したシフトになってしまったり、長い残業や休日出勤が当たり前の環境で働いていたりする看護師もいます。そうしたシフトではプライベートの時間がなくなってしまうだけでなく、夜勤で働いた直後に日勤で働かなければならないなど、無理な労働を断りきれず心身に強いストレスを感じることもめずらしくありません。

職場を変え看護師を続けるか、他の仕事に就くか
看護師の辞め方の処方箋

職場を変え看護師を続けるか、他の仕事に就くか

看護師の中には「もう仕事を辞めてしまいたい」と感じたことがある人も多いでしょう。現在の職場を辞めたいというよりも、看護師という仕事そのものを辞めたくなることもあります。常に人手が足りていない看護師に職場は、どこも厳しい環境に陥っています。転職したところで、似たような環境で働くことになるのなら看護師の仕事をしていく自信がない、きっと転職を繰り返すことになってしまうだろうと、看護師という職業自体に魅力を感じなくなってしまうのです。

辞めたい看護師が退職の前後にすべきこと
看護師の辞め方の処方箋

辞めたい看護師が退職の前後にすべきこと

看護師が職場を辞めたいと考えたときは、あらかじめいくつか準備をしておかなければなりません。もちろん、看護師に限らずサラリーマンにも求められることです。看護師の仕事はいつでも人手が足りていない状態のため、サラリーマンよりは転職しやすい職業と言えます。しかし、どの職場も人手が足りていないからこそ厳しい労働環境を強いられる可能性が高く、魅力的な職場とめぐり合うには慎重に選んでいかなければなりません。そのため、仕事を辞めてからも自分自身の生活をきちんと成り立たせることができるよう、退職前からあらかじめ準備しておくべきことがあります。

回復期リハビリテーション病院が看護師の転職におすすめ
看護師の辞め方の処方箋

回復期リハビリテーション病院が看護師の転職におすすめ

残業が続いていると、身体を休めることができない、プライベートの時間も楽しめない、日勤と夜勤の両方が混在したシフトでさらに疲弊する……こうした厳しい環境によって、辞めざるを得ない環境に追い込まれることもめずらしくありません。新しい職場を探すときには、同じ問題を繰り返さないよう、厳しい労働環境を避けられるかどうかを意識することが大切です。