看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

3年目の新人看護師が辞めたいときのすべきこと
看護師経験3年以下でも看護師辞めたい場合の処方箋

3年目の新人看護師が辞めたいときのすべきこと

3年目の看護師は、それまでとは違い一人前の看護師として扱われはじめます。最前線で活躍する機会も増え、やりがいを見い出しやすくなることも特徴です。そのため、看護師にとって3~5年目は特に大切な時期と言われています。しかし、充実した時期にもかかわらず看護師を辞めたくなることもあります。1~2年目とは違うからこそ、悩んでしまうのです。

2年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと
看護師経験3年以下でも看護師辞めたい場合の処方箋

2年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

看護師という仕事においては「1年目を乗り切ること」が第一の課題とされています。1年目は、覚えなければならない仕事が非常に多く、さらに慣れた看護師に比べ上司や患者さんの前でミスをすることも多いことから自信を失い落ち込むことが少なくありません。そうした1年目を乗り越え、2年目になると仕事にも慣れはじめ、うまく動けるようになります。ゆとりのある時期だからこそ、改めて看護師の仕事にやりがいを感じ、モチベーションが向上していくことが多いのです。

1年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと
看護師経験3年以下でも看護師辞めたい場合の処方箋

1年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

新卒採用で働きはじめた新人看護師が、1年目で辞めたいと感じてしまうことがあります。さらに現在、さまざまな病院や施設で看護師の人手が足りていないため、1年目ですぐに辞めてしまったとしても、転職先が見つかりやすいことから、簡単に退職を選ぶ人も多いと言われています。看護協会が発表したデータによれば、1年以内に退職してしまう新卒看護師は、全体の9パーセントにのぼるそうです。新卒看護師のうち、10人に1人が1年以内に辞めてしまうと考えると、決して小さな数字とは言えません。