看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

結婚を機に看護師を辞めたいときにすべきこと
ライフステージやキャリアパスの都合で看護師辞めたい場合の処方箋

結婚を機に看護師を辞めたいときにすべきこと

9割以上が女性と言われている看護師の職場では、結婚を機に辞めていく人材も少なくありません。仕事に対しての不満が重なって退職するのとは違い、比較的スムーズに辞められるものの、実際に辞める上では適切なタイミングを見極めながら準備していく必要があります。

中堅看護師が辞めたいと考えているときにすべきこと
ライフステージやキャリアパスの都合で看護師辞めたい場合の処方箋

中堅看護師が辞めたいと考えているときにすべきこと

一つの職場で5年程度働いていれば、すっかり一人前の看護師となるでしょう。それゆえ、周囲からも相応の活躍を期待されはじめます。例えば新人看護師の教育担当や現場のリーダーといった、重要な役割を任せられることも増えていきます。5年目頃は、看護師のプロフェッショナルを目指して、さらにキャリアを積みはじめる時期なのです。

ベテラン看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと
ライフステージやキャリアパスの都合で看護師辞めたい場合の処方箋

ベテラン看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

ベテランの看護師は、日々こなさなければいけない仕事に注力し、職場のトラブルにも適応する現場の核のような存在。新人看護師や後輩たちにとって、厳しいところもありながらやはり頼りになる、そして「自分もあの人と同じように看護師として成長したい」とお手本となる存在です。一つの職場で10年、15年と働いている看護師は、主任をはじめとした役職につき、キャリア面でも恵まているでしょう。

男性看護師が辞めたいときすべきこと
ライフステージやキャリアパスの都合で看護師辞めたい場合の処方箋

家事や育児と仕事を両立できず看護師を辞めたいときすべきこと

女性の割合が高い看護師の業界では、プライベートと仕事を両立することが重要な課題となります。そして思うように両立できず、退職しなければならない状況に追い込まれてしまうことで、人手不足がさらに深刻化する場合もあります。仕事を続けたくともうまくいかない看護師がいる一方、退職した看護師がいることで仕事が回らなくなり、変わらず働いている看護師が苦労する羽目になる。これが、看護師の労働環境が改善されにくい要因なのです。

男性看護師が辞めたいときすべきこと
ライフステージやキャリアパスの都合で看護師辞めたい場合の処方箋

男性看護師が辞めたいときすべきこと

これまでは、看護師を「看護婦」と呼んでいたことからも分かるように、看護師業界は女性の数が圧倒的です。今も変わらず「看護師=女性」という印象は根強いののの、実際は男性看護師が増加傾向にあります。2008年~2014年には、男性看護師の数はおよそ1.5倍にまでなりました。あわせて需要も増加しており、精神科や療養病棟のように体力が必要な職場では、男性看護師を積極的に採用しています。女性看護師とは違い、結婚や出産、家族の転勤などに事情で辞めることがが少ないため、長期にわたって働いてくれる人材であると雇用する立場からも重宝されています。