看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

看護師に向いていないので看護師辞めたい

看護師に向いていないので看護師辞めたい

あなたは看護師に本当に向いていないのでしょうか?

「私は看護師が向いていない人間なのではないか」と看護師を続けていると不安になることもあるでしょう。仕事中によぎるそんな不安を契機に病院の転職はおろか、看護師という仕事そのものを辞めることを検討してしまうこともあるものです。このような場合は、一度冷静になりよく熟慮してから判断するのが重要です。というのも、衝動的な転職や辞職は、あなたの開花していない適正や能力を発揮できる機会を失うばかりか、看護師の経験上最も重要な看護師としてのやりがいを体験する前に、看護師というキャリアを終えてしまう可能性があるからなのです。

自分が看護師に向いていないと考えてしまった場合は、まず大地に自分自身の置かれている環境について振り返ってみましょう。第一に精神状態です。気持ちの上で常に追い詰められた状況にあるようなことはありませんか?誰しも失敗やミスをして落ち込んでしまった時にはどんな職種であれ、自分には向いていないのではないか?という不安や疑義を抱きがちになってしまうものなのです。とりわけ、看護師は小さなミスや失敗が患者の容態に大きく影響を与えてしまい深刻な影響をもたらしてしまうという重圧がつきまとうものですから、たったひとつのミスや失敗で自分自身を追い込み思いつめてしまうケースが散見されます。また、医師や患者、同僚である他の看護師との人間関係の中で、自分の看護師への適正について疑問を抱いてしまうこともあるものです。こうした場合に、自分は看護師に向いていない、と思い込むことで益々萎縮してしまい、その後の看護師としての仕事に悪影響を及ぼしてしまうのです。

こうした場合は職場の教育環境やメンバーのフォロー体制が重要なファクターとなります。どのような看護師であっても必ずミスが生じるものです。そうした際にどのようなフォローを職場が行うのか、責任の所在を本人に全て押し付けてしまうような環境にないかどうか。また、同じミスや失敗を繰り返さない様な教育体制や指導体制があるかどうか、あなたの職場がどうであったか思い返してみましょう。自分自身の看護師への適正について疑義を抱いてしまう様な状況や、同じミス失敗を繰り返してしまうような場合は、職場の教育体制や指導体制に課題がある場合も少なく無いのです。自分が看護師に向いていないのではないかと疑念を抱く前に、職場が自分自身に相応しい環境かどうか、看護師を辞めたいと思ってしまうような機会が生じてしまう環境ではないかどうかについても仔細に見直してみる必要があります。万が一職場の環境が芳しくない場合、配置転換や転職を視野にいれることで、新天地で看護してしての能力が開花することも十分に考えられるのです。

そして、心身の状況が自分を追い込むような考え方にさせているというケースもよくあります。休日出勤はもちろん、頻繁な夜勤や毎日のように残業続きといった不規則なシフトという就業環境の中では、心身ともに疲弊してしまい、判断力や集中力が低下してミスをおこしやすくなるものですし、少しの失敗でもひどく落ち込んでしまうようになるものです。自分が看護師に向いていないと思い込んでしまうような場合には、そう思わせてしまうような就業環境に置かれていないかどうか確認しておくことも大切です。精神的な要因には職場の人間関係が非常に重要になってきます。職場のフォロー体制とも関わって来ますが、同僚や冗長との人間関係が円滑でない場合、少しの失敗を自分自身の能力や適正不足だと思いこんでしまったり、更には自分だけが原因ではないミスについてもネガティブな思いを一人で抱え込んでしまうような恐れがあるのです。

1つの職場しか経験していことの弱み

こうしたように、「自分が看護師に向いていないのではないか」と思い込んでしまう背景には職場の環境が大きく関係しているものです。この評価は客観的な指標から得るものではなく、概ね自分自身が置かれている環境から受けた大きなバイアスで主観的な自己評価に陥っているものです。

特にまだ特定の職場でしか勤務経験のない、または転職の経験がない看護師には顕著にこうした傾向が見られます。今の職場でしか経験がないので、自分の配属先が看護師としての一般的な就業環境であると認識してしまうものなのです。そして、仮に上手に適応ができないような場合に、自分自身に看護師そのものの適性が無いのではないか、という思い込みを抱いてしまうという訳です。もっと人間関係がよいところや、ゆとりある就業環境に配置されていれば、自分自身の適性や能力を発揮でき、看護師としてのやりがいを得られる可能性があるにも関わらず、そうした機会を得られないまま一方的に落ち込み精神的に追い込まれてしまうのです。

前段でも触れていますが、就業先を変えることで状況が一変する可能性があります。しっかりとした教育環境とフォロー体制のもとで経験を積むことで、能力や適性を開花させることができるかも知れませんし、萎縮せず積極的に振る舞うことで自身を持てるような人間関係を築くこともできるかも知れません。しかし、ひとつの職場しか経験していない看護師にとっては、自分自身がその職場に向いていないのか、看護師に向いていないのかの判断を下すのは難しく、区別ができないと言って良いでしょう。一方で、複数の職場を経験した看護師なら、看護師という仕事や職能を客観視することができるようになるものです。そうした客観的な判断力を養うことで、自分自身の看護師への適性についても理解が深まりますし、努力の方向性についても明確にでき、弱点を克服する対策を自分なりに導出することもできるようになってくるのです。

本質的に自分自身が看護師に向いているのかどうかを判断できるまでには、相応の看護師としてのキャリアと、看護師として十分に能力を発揮できる職場環境が必要になるのです。自分の看護師への適性に疑問を感じている際には、この点に留意して、必要であれば配置転換や転職も視野に入れて、キャリアにおける不安を解消する方法について検討していくのが望ましいでしょう。看護師の転職に関しては就業環境や収入面を重視してしまいがちなものですが、より大切なのは、自分自身の適性を発揮でき、能力を成長させることができるかどうか、という点も大切なポイントになってくるのです。

++

看護師の仕事をしていると「自分は看護師に向いていないんじゃないか」と不安を覚えることもあります。それがきっかけで転職を考えたり、看護師そのものを辞めようと考えるケースも少なくありません。こうしたケースでは落ち着いてよく考えて判断を下すことが重要です。衝動的になって看護師を辞めてしまうと眠っている適性を発揮する機会を逸してしまいますし、看護師としてのやりがいを見いだすことのないまま終わってしまう可能性もあるからです。
看護師に向いていないと思った場合にはまず自分が今どのような環境にあるのか考えてみましょう。まず精神状況です。追い詰められた状況に置かれていないでしょうか。どんな人でもミスをして落ち込んだ場合には「自分には向いていないんじゃないか」との不安がよぎるものです。とくに看護師はミスが患者の健康に深刻な影響をもたらす、とのプレッシャーを抱えていますから、ひとつのミスで自分を追い込んでしまうケースが良く見られます。また患者と医師、あるいは他の看護師との関係の中で自分の看護師としての適性に疑問を持ってしまうことも少なくありません。そんな時に「自分は看護師に向いていない」と思い込んでしまうと萎縮してしまい、その後の仕事にも悪影響を及ぼしてしまいます。

この点に関しては職場のフォローや教育環境も重要なポイントです。どんな看護師にも必ずミスがあるものです。そんな時に職場がフォローしてくれるかどうか、責任を当人にすべて押し付けるような環境ではないか。またミスを繰り返さないよう教育・指導をしっかり行ってくれるかどうか、振り返ってみましょう。何度も同じミスをしてしまう、あるいは精神的に落ち込んで自分の看護師としての適性に疑問を感じる機会が増えている、そんな場合には職場の環境に問題がある可能性もあります。自分が看護師に向いていないと思い込む前に職場が相応しい環境にあるかどうかを見直してみることも大事でしょう。思い切って転職した結果、一気に看護師としての適性が開花するケースだってあります。

それから心身のバランスが弱気な考えをもたらしてしまうケースもあります。頻繁な夜勤や連日の残業、休日出勤が当たり前の不規則なシフト…こうした就業環境で心身ともに疲弊した環境にいるとどうしても集中力が落ちてミスを犯しやすくなりますし、ちょっとした失敗に落ち込んでしまうようになります。看護師に向いていないと思った時には、そんな考えを抱いてしまうような就業環境に追い込まれていないかどうかも確認しておきましょう。
精神的な面では職場の人間関係も大事です。これはフォロー環境とも関わってきますが、上司や同僚とうまく行っていないとちょっとしたミスも自分の能力不足だと思い込んでしまったり、自分だけが原因ではないミスもひとりで背負い込んでしまう恐れがあります。

このように、「自分は看護師に向いていない」と考えてしまう背景には職場環境が深く関わっています。実際のところ客観的に自己評価を行うことはほとんどなく、たいていは自分が置かれている状況から深い影響を受けたうえで主観的に自己評価をしてしまいます。

とくにまだ転職経験がない、1つの職場でしか働いていない看護師にこうした傾向が顕著に見られます。その職場でしか働いていないため、自分が置かれている環境が看護師として一般的な就業環境だと思ってしまいます。そのためそこでうまく適応できないと看護師の仕事そのものに対して適性がないと思い込んでしまうのです。もっとも職場の人間関係がよいところ、ゆとりのあるところで働けば適性ややりがいを見いだすことができるかもしれないのに、その機会すら知らないまま落ち込んで精神的に追い詰められてしまうわけです。

先ほども少し触れましたが、職場を変えれば状況が一変する可能性もあります。きちんとしたフォローと教育環境のもとで適性を一気に伸ばすことができるかもしれませんし、人間関係がよければ萎縮せず積極的に振るまうことで自信をつけていくこともできるでしょう。1つの職場しか経験していないと看護師に向いていないのか、その職場に向いていないかの区別が難しくなってしまいます。

また複数の職場を経験していれば看護師という仕事そのものを客観的に見ることができるようになります。そうなれば自分の適性も客観的に判断できますし、弱点を克服するためにはどうすればよいのか、自分なりに対策法を考えていくこともできるでしょう。

本当に看護師に向いていないかどうかを判断するためにはある程度のキャリアと、自分の能力を発揮できる環境が必要です。自分の適性に不安を感じている場合にはこうした点も考慮し、必要なら転職を視野に入れつつ不安の解消方法を検討していきましょう。看護師の転職といえばどうしても就業環境や収入面にばかり目が向いてしまいますが、自分の適性を見いだせるか、能力を伸ばすことができるかも大事なポイントとなってきます。

看護師辞めたい。関連記事一覧