看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

はじめての転職が不安なので看護師を辞めることができない

はじめての転職が不安なので看護師を辞めることができない

看護師のはじめての転職について

看護師は数ある職種の中でも特に転職が多く、ほとんどの人が一度は転職を経験します。そして転職を繰り返す人でも、はじめての転職には不安を抱えるもの。転職活動のスムーズなやり方が分からず、退職を決断しにくくなることもあります。

看護師はいつも人手不足のため、転職自体は難しいものではありません。その分、多くの求人からどのように転職先を選んでいくべきかというように、売り手市場ならではの悩みどころがあります。妥協して転職先を選んだ場合には、仕事がはじまってから厳しいシフトや待遇、人間関係のように、以前の職場と変わらない悩みが生まれ再び転職したくなるかもしれません。

待遇がよくて人気の職場は、応募が殺到し倍率があがります。だからこそ、採用を勝ち取る方法や、面接にどう向き合えばよいのか、はじめての転職には不安がつきまとうでしょう。職場に転職経験がある看護師がいるならアドバイスをもらうこともできるかもしれませんが、求人の見つけ方や面接のポイントのように踏み込んだ内容までは聞きづらいもの。また、転職における厳しい点ばかりを聞くことで、不安に感じてしまうかもしれません。

はじめての転職をスムーズに行うためには、求人情報の探し方を覚えておきましょう。現在の年齢およびやキャリアにおける平均年収はいくらくらいか。職場の平均残業時間、年間休日はどのようになっているか、夜勤の頻度、シフト状況、社員数やアルバイト数、手当の有無と具体的な金額。これら細かなポイントをチェックすることにより、求人探しがしやすくなります。その上で現在の職場の課題についてきちんと把握すれば、転職先を選ぶ材料にもなります。まずは、情報収集をしっかり行いましょう。職場の情報は、看護師の求人・転職にまつわる情報サイトで入手可能です。空いた時間に、さまざまなサイトに目を通しておきましょう。

看護師の辞めることに対する不安

はじめての転職では、辞めるという決断そのものも不安材料になるでしょう。どのような職場でも辞めづらいと感じたとき、退職を切り出しにくくなるものです。仮に職場への不満があったとしても、円満退職を目指しましょう。退職を切り出しづらいからと言ってメールで済ませたり、「本日限りで退職します」と自己都合によって職場へ迷惑をかけたりすることは、絶対に避けてください。看護師と言えど、一般サラリーマンと同じように社会人のマナーやルールを意識して退職しなければなりません。はじめての退職時には、正しいマナーを知らず悩んでしまいますが、上司に「辞めたいのですが、方法を教えてください」と声をかけるわけにもいきません。

ネットで調べれば転職にまつわるある程度の情報を得られますが、実践にあたっての現実的なポイントや注意点は、なかなか知る機会がないものです。調べるうちに気兼ねし、退職のタイミングを見誤ってチャンスを逃してしまう場合もあります。

はじめての退職時には転職エージェントの利用がおすすめ

悩むことの多いはじめての転職時には、転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントのイメージとして、二度、三度と複数にわたる転職時にとても頼りになるという印象があるかと思いますが、同時にはじめての転職でこそ役立つ側面もあります。特に、キャリアアドバイザーによる転職サポートは非常に便利です。転職エージェントに登録したときには、一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがつきます。これによって具体的なサポートを受けながら、転職活動を進められるようになります。

キャリアアドバイザーによるサポートは、非常に多岐にわたります。あらかじめカウンセリングを実施し、それぞれの転職の希望や現在の職場環境、個人の適性を考慮したうえで必要なサポートを行ってくれるのです。はじめての転職では、職場への不満によって辞めたいという思いが強くなっている場合が多く、自分に合う職場・診療科探しにまで意識が向きづらくなります。キャリアアドバイザーは、客観的に適性を判断し、最適な職場や長く働き続けられる職場を教えてくれます。

さらに、転職にまつわるさまざまなアドバイスを受けることもできます。例えば退職願の書面の書き方、退職を申し出るタイミング、円満退職をするために注意すべきことというように、ネットで調べるだけでは具体的に知ることが難しい内容についても、アドバイスを受けることができるでしょう。また転職活動においては履歴書・職務経歴書の作成から、面接対策、さらには職場との待遇などの交渉なども代行してくれます。

誰しも、はじめての転職では迷ってしまうもの。それゆえ、ひとりで抱え込んでしまうこともあるのではないでしょうか。転職時に妥協をしないよう、看護師を対象にした転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧