看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

急性期病棟の仕事が嫌で看護師を辞めたいときすべきこと

急性期病棟の仕事が嫌で看護師を辞めたいときすべきこと

急性期病棟の仕事は厳しい

急性期病棟は、看護師のスキルが問われる現場と言えるのではないでしょうか。突然の怪我や発作によって運ばれてくる患者さんへ、常に適切な対応が求められ、看護にまつわるスキルだけでなく緊急時の判断力・対応力のように座学や研修では学べないスキルも必要になります。

看護師のスキルは、実際の現場で役立ってこそしっかり体得したものと言えるでしょう。どれだけ専門的な知識やハイレベルな技術を持っていても、患者さんから求められたときに使えないのであれば、なんの意味もありません。急性期病棟は、これまでに学んだスキルをより実践的に活躍させるためのチャンスなのです。

急性期病棟では患者さんの回転が速いため、はじめは戸惑うこともあるでしょう。常にスピーディな対応が求められる分、様態が安定したらすぐ退院、その後は簡単な治療で通院はいらなくなることもあります。さまざまな患者さんの症例を自分の目で確かめられ、幅広い経験を積める環境です。

しかし、看護師によっては急性期病棟の仕事にうまく対応できず悩むこともあります。患者さんがかつぎこまれたときには応急処置、必要な措置の準備、検査、バイタルチェック、点滴、採血、記録というように、驚くようなスピード感で仕事を進めていかなければなりません。業務に適応できず、失敗を繰り返し慌てふためくばかりで対応できない看護師も決して少なくありません。

こうしたトラブルが起こる背景には、単純に技術が足りていないということではなく、個人の性格も関係しています。落ち着いて一つひとつの作業に向き合えばどんな物事も正確にできる人でも、早さを求められるとうまくできなくなることはめずらしくありません。さらに急性期病棟ならではの緊張感に慣れることができず、強いプレッシャーを感じて能力を発揮できないこともあるでしょう。このような人は、技術や知識の有無とは関係なく急性期病棟に向いていないと言え、経験を積めばいつか慣れていくとも言い切れません。

しかし、そうした人が看護師に向いていないと言いたいわけではありません。じっくり仕事に向き合い、落ち着いて正しく作業を進めるのも看護師に必要な適性です。急性期病棟に対応できなくとも「看護師に向いていないかも、適性がないかも」と考える必要はありません。

急性期病棟の仕事は厳しい

急性期病棟の仕事は厳しいため、実際に働いて自分にはできない、努力しても適応できないと感じたのであれば、異動を申し出ることも検討しましょう。つまり、上司に「自分には適応できない、他の部門に変えてほしい」と相談するのです。それに対し、上司がどう対応してくれるかによって、職場そのものとの相性を図ることもできます。「もっと頑張ればそのうち慣れるはずだから」「みんな頑張っているんだからワガママをいうな」というように、相談しても解決しないのであれば、転職を考えてもいいでしょう。前述のように、急性期病棟勤務は性格による適性も重要になるため、我慢して働いたところで好転しないことが少なくありません。その際、適応できなかったとネガティブな気持ちになる必要はないため、自分の適性にぴったりな職場を探すための転職活動をはじめましょう。

急性期病棟の仕事は厳しいものですので、適応できなくともそれが看護師として力不足であるということにはなりません。他に活躍できる職場や、最適な転職先もあるはずです。個人の技術ではなく、適性の問題であると考え、これからどうしていくべきか検討しましょう。

急性期病棟はお試し期間に体験すべき

就職したものの急性期病棟は向いていなかったから退職する、という対応はキャリア面でもマイナスになってしまいます。具体的な予防策としては、急性期病棟をお試し期間に体験しておくことが挙げられます。自分が急性期病棟に適性があるかどうか分からないのであれば、短期契約・パートやアルバイトとして急性期病棟で働いてみましょう。やはり自分には合わないと感じたなら、急性期病棟以外の職場へ就職すればいいのです。その際は、短期間ですぐに判断しないことと、先入観を持たないことに気をつけてください。「きっと自分にはできないだろうな」と思いながら働いたところで、うまく対応できるはずがありません。「この期間に、精一杯やってみよう」という前向きな気持ちで働くことが大切です。はじめの1ヵ月程度は苦労したとしても、その後成長してやりやすいと感じるケースもあります。最低2~3ヵ月は急性期病棟で働いてから、判断しましょう。

総合病院のように大きな病院の場合は、急性期病棟への配属も当然あります。就職・転職活動をするときには、自分が仕事に無理なく向き合えるかチェックしておきましょう。そのためにも転職エージェントを活用し、急性期病棟勤務の適性についてキャリアアドバイザーへ相談を持ちかけ、客観的な意見も聞きながら求人を絞り込んでいきましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧