看護師辞めたい。

看護師を辞めたいあなたへの処方箋です。

2年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

2年目の新人看護師が辞めたいと感じたときにすべきこと

なぜ2年目の看護師は辞めたくなってしまうのか

看護師という仕事においては「1年目を乗り切ること」が第一の課題とされています。1年目は、覚えなければならない仕事が非常に多く、さらに慣れた看護師に比べ上司や患者さんの前でミスをすることも多いことから自信を失い落ち込むことが少なくありません。そうした1年目を乗り越え、2年目になると仕事にも慣れはじめ、うまく動けるようになります。ゆとりのある時期だからこそ、改めて看護師の仕事にやりがいを感じ、モチベーションが向上していくことが多いのです。

一方で、2年目も変わらずに看護師を辞めたいと思っている、あるいは2年目に差し掛かってからはじめて看護師を辞めたくなったというケースもあります。その原因に、1年経っても仕事を覚えられず、思うように仕事を進められないことが考えられます。これは本人の資質だけではなく、職場環境、教育制度、人間関係とも関わってくる問題です。新しく入った人材が育たない職場では、適切な指導を行わないまま頭ごなしに叱ってばかりいる光景もめずらしくありません。2年目はそうした職場環境に限界を感じ、辞める決意をしてしまいがちなのです。

その他の原因に、責任ある仕事を任される機会が増えることも挙げられます。仕事を覚えてきたころには、一人で注射や薬の投与を行わなければならない機会も増え、その分ミスも起こりやすくなってしまうのです。1年目なら先輩やプリセプターがフォローしてくれていた場面でも、自分一人で行うことで失敗しやすくなります。技術や知識が身についてきた2年目でも、細かな確認まで配慮できず、さまざまなミスが起きてしまうのです。ミスが続くと自信を失いがちになり、プレッシャーに負けて看護師を辞めたいと思いやすくなります。

さらに、精神面での余裕が生まれる2年目は、職場の問題点に気づきやすくなります。1年目は仕事を覚えるのにいっぱいいっぱいになり、仕事で大変なことがあっても「自分の力不足だ」と感じやすい傾向にあります。しかし2年目で「大変な思いをしている理由は、職場環境にあるのでは?」と感じはじめます。看護師が不足していること、職場の人間関係がうまくいっていないこと、経営方針が自分に合わないことなど、さまざまな面が見えてしまうためです。それによって、今後も働き続けていいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。

2年目でも十分転職できる

2年目は、転職を検討するはじめての機会と言えます。と言うのも、1年目はどれほど仕事が辛くても転職するにはリスクが大きすぎるのです。しかし、できる仕事が増えた2年目では、1年目に比べて転職先を見つけやすくなります。採用時にはキャリアや技術、知識を具体的にアピールできるのが強みです。1年目の看護師のようにはじめから育成せずに済むため、2年目の看護師は雇う側にもメリットがあります。採用時には、志望動機や退職理由をより明確に、説得力のある言葉で伝えましょう。「仕事が辛かったから仕事を辞めた」「上司と合わなかったから」と自己都合の理由だけを並べるのではなく、職場に対しどのように感じたか、新しい職場では看護師としてどのようなキャリアを積みたいか語れるのが、2年目ならではの魅力です。

しかし、これらは1年目に比べれば……という話であり、一人前と呼ぶのはまだ難しいもの。そのため転職先は教育制度が整っているかどうかを確認しながら選んでいきましょう。きちんと教育を受けられるかどうかは、今後のキャリアにも影響を与えます。どのような看護師になり、どのような職場で働きたいか、明確にしたうえでそれに近づくための求人を探しましょう。今、看護師の活躍の場は多様化し、病院に限らず福祉施設や民間企業でも求められます。しかし2年目には、看護師の基礎知識や技術を身につけられる病院への転職を優先すべきでしょう。

今の職場を辞めスムーズに転職するには?

転職前には、今の職場を辞めなければいけません。そのとき、どれほど不満があっても衝突せず、スムーズに辞められるよう努めましょう。看護師は人手不足の傾向にあり、ほとんどの場合引き止められます。感情的に応えるとトラブルの原因となりやすいことから、相手が引き止めにくくなる退職理由を用意しておきましょう。「早く辞めたい」という気持ちがあると感情的になり、新たなトラブルの原因を作りかねないため焦らず取り組んでください。

キャリアに関係なく看護師が退職する際、1ヵ月前までには辞意を伝える、退職願の書面を作成する、引継ぎや各部署へのあいさつをすることが欠かせません。看護師は転職が多い分、横のつながりも強い職業です。トラブルを起こすと他の職場にも伝わり、転職先が見つかりづらくなるケースもあり得るため、慎重に行動しましょう。

看護師辞めたい。関連記事一覧